読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bataさんぽ

路上観察師による撮影した写真で振り返るウォーキング録です。歩いた気分になってもらえた嬉しいです

備忘録:検証中! ポケモンGOをしながら1日ウォーキングはできるのか?⇒やっぱりNoっぽい

備忘録

遅ればせながら、ポケモントレーナークラブでアカウント登録ができるようになったので、新規登録して始めてみましたポケモンGO(セキュリティ面が不安でGoogleアカウントは使う気が起きなかったです)

昼間アカウント登録した後、まずピカチュウをゲットするため少し歩き、その後約20分駅まで往復してレベル3


駅前にジムがあったので、ジムバトルをしている中学生らしき子供達とすれ違いました(大声で話しながらゲームしてる)。自分の動きを参考にして、ゲームをしている人がわかるようになりました(通常のスマフォ歩きとはちょっと違う動きをしています)

ポケスポットの1カ所は駅前ロータリーの真ん中で、歩道橋を渡って行くのが正しいのですが、地図だけみていると横断歩道のない車道を突っ切って渡ってしまいそうな場所。こういう場所が危ないのかも・・・。正しく迂回するのもマナーだと思います。地図は立体でなく歩行者向けに作られていないことに十分注意が必要

昨日道路横断中に道の真ん中でスマフォ操作している危ない人を見かけたので、少し心配していましたが、バイブの後、人を避けて、歩道の端などに立ち止まってから、操作すればいいので、ずっと画面を見ている必要はないし、きちんと安全に配慮した動きはできそうです

やはり節度とマナーが重んじられるゲームだと感じました


20分で捕まえたポケモンはポッポ、ズバットイワークニドラン♂ニドラン♀コイキングコダック、コンパンの計8匹(それなりの成果)、ポケスポット3つ廻ってモンスターボール10個ゲット


しかしながら、ただモンスターボール投げるだけで、野生のポケモンとのバトルがないので、かなりがっかり。ギリギリまで体力を削る緊張感がポケモンの醍醐味だと思います。捕まえるか、レベルアップのために倒してしまうか、もゲーム性だったような・・・。まだまだ遊び方を理解していないだけかもしれないけど、個人的にはちょっと楽しくないです

現時点での感想は、これはポケモンのキャラクターを使っている全く別の何か

ポケモンというゲームの魅力はコレクションだけでなく、苦労して捕まえたことによる愛着も含めて、一緒にバトルを勝ち抜いて成長したり(させたり)、相手の属性を見て自分でポケモンの組み合わせを考えたりする戦略性の高いゲームだったように記憶しています(最近はご無沙汰しているので変わっているのかも知れないですが・・・)

ちょっと楽しみにしていた、お気に入りポケモンと一緒にリアルを歩いている気分は全く味わえない(個人的には残念)

付け加えるなら、もっと出現率は下げてもいいと思います。バイブが少し頻繁すぎる気がします


評価したいのはポケスポットとして自宅近くに「諏訪神社」を見つけたこと。公園だと思っていた場所の奥が神社だった(少し離れていたのでまだ行っていないけど、今度お詣りしよう)

ゲームをしながら自分が知らない意外なスポットを見つけられるのはいいことだと思います。現実の風景にも目を向けて、ゲームに夢中になりすぎないことが大事な気がします!


で、『ポケモンGOをしながら1日ウォーキングはできるのか?』という質問に対しては、たぶんNoです

30分も稼働していないのにiPhoneバッテリー消費は約20%減、通信量は12.4MBとかなり多め

この消費だと普通にウォーキングしながら使うのはちょっと厳しい。調べたらバッテリーセーブモードもあるみたいですが、散策しながらポケモンGOは難しそうです

ウォーキング中のバッテリー残量は生命線。現地での史跡さがしにGoogleマップGoogle検索は必須ですし、なにより迷子になった時にGoogleマップが使えない、電話ができないでは遭難してしまうから(>_<)

もう少し試して評価しようと思いますが、通常のウォーキング時にはレベルアップのために起動すらできない感じがします(近所のウォーキングでレベルアップして、遠くの公園などに遊びに行った時とかに30分だけ探すという使い方が現実的なのかも)

なにより周囲の風景を見ながら歩くのが楽しいし、それで私は精一杯なので、さらにポケモンGOの画面を見るのはやっぱり無理っぽいです(^o^)

とりあえず、やってみました、の備忘録でした^^;
もう少し試しますが、ゲーム性から見ても私は継続しないと現段階では思います

Copyright © 2016 bata_sun All Rights Reserved.
このブログ中の文章・写真等は著作権フリーではありません
無断転載・複写・使用を禁止します