読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bataさんぽ

路上観察師による撮影した写真で振り返るウォーキング録です。歩いた気分になってもらえた嬉しいです

閑歩:横浜 ジョイナスの森彫刻公園は横浜西口のオアシスだった

先週金曜日(8/19)は用事があり、久しぶりに横浜駅近辺へ

用事のあとはガイドブック「まっぷる 超詳細! 横浜さんぽ地図 mini」(←Amazonへのリンク)から「さんぽコース12 横浜駅東口」を歩くのですが、コースのゴール前にある「ジョイナスの森彫刻公園」だけ屋上にある施設ということですこし様子が違います(立体移動にしても少し行き過ぎ感あり)

早めの到着で用事まで少し時間もあったので、先に見てしまうことにしました

f:id:bata_sun:20160823083921j:plain

まずは「ジョイナス」へ。晴天だったのでビル一面に青空が広がっています(雲がない)

f:id:bata_sun:20160823084053j:plain

考えてみると「ジョイナス」はエスカレーターで4Fまで行くことはあるのですが、それより上に行くエレベーターの位置を知りませんでした(-_-;)

ジョイナス側でエレベータが見つからないので、少し考えた結果、「横浜タカシマヤ」に入り、エレベータで屋上へ

なぜか案内係のいるエレベーターは屋上に行かないので、自動運転になっているエレベーターを待ったら、ほぼ満員の混雑(案内係がいる方はガラガラだったのに・・・)

f:id:bata_sun:20160823084610j:plain

ほぼ各階止まりで、ようやく屋上に到着。初めて「横浜タカシマヤ」の屋上に来ましたが、こちら側もいろいろとあって楽しそうなスペースです

f:id:bata_sun:20160823084843j:plain

f:id:bata_sun:20160823084854j:plain

ジョイナス」側へのゲートをくぐると、そこは「ジョイナスの森彫刻公園」でした

f:id:bata_sun:20160823084955j:plain

f:id:bata_sun:20160823085016j:plain

なかなか広い雰囲気の良い場所です。近くにあった説明によると

公園の面積
ジョイナスの森にはあの氷川丸もすっぽり
樹木の高さ
屋上とは思えない10mを超える大木たち
植物の種類と数
2万本を超える木々! 植物の爆発は約200種!

と書かれています。面積比で『氷川丸』が対照となるあたりはやっぱり横浜(笑)

屋上なのに緑がいっぱいで気持ちが良いです。彫刻もいくつか置かれています

f:id:bata_sun:20160823162515j:plain

ジャコモ・マンズー氏作『踊り子』(1983)

f:id:bata_sun:20160823162729j:plain

アントワーヌ・ブールデル氏作『果実』(1911)

f:id:bata_sun:20160823162852j:plain

舟越保武氏作『茉莉花』(1978)

f:id:bata_sun:20160823163036j:plain

朝倉響子氏作『ニケ '83』(1983)

f:id:bata_sun:20160823163144j:plain

柳原義達氏作『道標・鳩』(1973-79)

f:id:bata_sun:20160823163317j:plain

マリノ・マリーニ氏作『構成』(1955)

とたくさん見ることができます(人も少なかったですが、彫刻を見ている人は皆無でした)。これに現代アートが加われば、「彫刻の森美術館」(箱根)のミニサイズ版

f:id:bata_sun:20160823163802j:plain

よく見ると1ヶ所だけ但し書きが台の上にありました

『エミリオ・グレコ氏作「水浴の女」は横浜駅西口駅前再開発事業に伴い「横浜シェラトン ホテル&タワーズ」正面において展示することになりました(平成10年9月)』と書かれています

f:id:bata_sun:20160823164059j:plain

f:id:bata_sun:20160823164120j:plain

小さいですが、泉もあります

水琴窟もあると書かれていましたが、音色は聞こえません、この夏の節水で、植物たちのために必要最低限の水を入れているだけの状態のようでした(またいつか音色の確認に来てみたいと思います)

f:id:bata_sun:20160823175539j:plain

ここから見える「タカシマヤ」のマーク、存在感ありすぎで思わず微笑

こんなに緑が多く開放感がある良い場所なのに人が少ないと思っていたら、皆さん木陰になっている場所でランチをしたり休憩したりしていました(暑いですからね)。この場所を知っている方には憩いのスポットのようです

確かにこの近くで勤めていたら、昼休み時間いっぱいまで、ゆっくりしたくなる場所です(絶対ここで昼寝してるね^^;)。まさに横浜駅西口のオアシス(^-^)

f:id:bata_sun:20160823180123j:plain

公園を通り抜けると「ジョイナス」側の出入口がありました(というか、こちらが本当の出入口です)

f:id:bata_sun:20160823180205j:plain

中には立派な銅像があります。調べてみたら、相鉄の初代社長 川又貞次郎氏の銅像でした。今もここで相鉄を見守られているようです

検索していたら、こんなページも見つけてしまいました→「おかげさまで もうすぐ100年、相鉄グループ」。昔の写真が掲載されていて、なかなか興味深いです


さて、このエレベータで「ジョイナスの森彫刻公園」に来るには1Fでどの位置から入ればよいのか? 逆にたどってみます

f:id:bata_sun:20160823181113j:plain

f:id:bata_sun:20160823181130j:plain

1Fに到着し、外に出てみたら、こんなに「JR横浜駅西口」に近い場所でした(絶対にもっと相鉄側にあると思っていました)。地図でみると交番前のこの辺です

 

f:id:bata_sun:20160823181509j:plain

f:id:bata_sun:20160823181521j:plain

せっかくなので、「横浜シェラトン ホテル&タワーズ」正面まで、エミリオ・グレコ氏作『水浴の女』を見に行きました(JR横浜駅の真正面にあります)

置かれる場所が変わるだけで、彫刻の雰囲気が変わって見えます(個人的には緑の中にいて欲しかった)

ジョイナスの森彫刻公園」関連の閑歩はこれにて完了!

f:id:bata_sun:20160823181705j:plain

用事を済ませるため歩き始めると、すぐ近くにこんな看板を発見!

たしかに『やっぱ横浜西口じゃん。』です。今まで知らなかった横浜駅西口の魅力に触れることができました


この後、横浜駅東口側を歩きますが、まずは用事を済ませてしまいます

散策本編である次の記事

に続きます

忘れていましたが、本記事も 今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」にエントリー(^^)/

※御礼
 いつも訪問ありがとうございます
 はてなスターやコメントなどものすごく励みになっております
 これからもよろしくお願いします

 ブックマークでいただいたコメントへの返信も通常のコメント欄で
 させていただくかもしれません(全部はできないと思うのですが・・・)

Copyright © 2016 bata_sun All Rights Reserved.
このブログ中の文章・写真等は著作権フリーではありません
無断転載・複写・使用を禁止します