Bataさんぽ

路上観察師による撮影した写真で振り返るウォーキング録です。歩いた気分になってもらえた嬉しいです

横浜西区 新旧東海道の温故知新のみち[北側ぐるっとコース]3

本日もブログ訪問ありがとうございます!

『新旧東海道の温故知新のみち[北側ぐるっとコース]』も3番目のスポットを確認し後半に入ります(前の記事「横浜西区 新旧東海道の温故知新のみち[北側ぐるっとコース]2」

から続いています)

 

f:id:bata_sun:20170821181726j:plain
「浅間台みはらし公園」まで150mということでしたが、この暑さの中、坂道はつらい(^^;)

f:id:bata_sun:20170821181831j:plain
ほぼ上り切ったところにある緑のエリアが公園のようです

f:id:bata_sun:20170821181903j:plain
右に曲がって、少し歩いた場所に入口を発見!

f:id:bata_sun:20170821181930j:plain
台の部分の大きさに比べると公園がかなり小さく感じます

f:id:bata_sun:20170821182003j:plain
入口を入った後も少し坂道で舗装された道が続きます

f:id:bata_sun:20170821182037j:plain
もっと小さな公園を想像していたのですが、かなり広い(そして何もない)

f:id:bata_sun:20170821182144j:plain
何故か石灯籠が置かれていました(何の説明もなく謎です)

f:id:bata_sun:20170821182223j:plain

f:id:bata_sun:20170821182232j:plain
広場の片隅にポツンとある白い物体はトイレでした。ちゃんと非常用の赤ランプも付いています

この公園に次のスポットがあるはずなのですが、それらしき赤いモノが見当たりません。もしかしたら公園の外周?とも考えて、一旦外に出て周囲も探しましたが、やっぱりありません

再び、最初に入った入口から公園内に戻って、まっすぐに進んでみると

f:id:bata_sun:20170821182816j:plain
短い階段の上に狭いスペースがあり、そこに赤い説明が立っていました(時間がかかりました)

f:id:bata_sun:20170821182920j:plain
『浅間台の袖すり山 変じて岡野町となる』と題されています

f:id:bata_sun:20170821183036j:plain

f:id:bata_sun:20170821183051j:plain
説明によると『江戸時代の終わり頃までの帷子川は、保土ヶ谷宿に河口がある、美しい入江が深く湾入する、着物の袖のような形をしていたことから、袖ケ浦と呼ばれていました』と書かれています。今とは全く違った風景だったようです(想像すらできないです)

そして『通称「袖すり山」と呼ばれていた浅間台辺りの斜面が、一部大きくえぐられているのは、袖ケ浦の埋立ての土取り場であったためで、袖すり山の土で埋め立てられたところが岡野町となりました』と続いています。開港以降の埋立てで大きく地形が変わっていったのですね

 

f:id:bata_sun:20170821191324j:plain
確認が終わったので、マップのコースに戻ったのですが、住宅地の中でなかなか道がわかりづらく彷徨ってしまいました。まずは公園に沿って進みます

f:id:bata_sun:20170821191609j:plain
このT字路を右に曲がり、

f:id:bata_sun:20170821191639j:plain
坂を下っていき、

f:id:bata_sun:20170821191728j:plain
再びT字路で今度は左に入ります

f:id:bata_sun:20170821191758j:plain
少し下って、突き当たりを左に曲がり

f:id:bata_sun:20170821191831j:plain
この先に道があるのか不安ですが、まっすぐ進み、右に曲がると

f:id:bata_sun:20170821191915j:plain
ほっ、道が続いているようです

f:id:bata_sun:20170821191942j:plain
ここでマップを確認。確かに何回も曲がって下りてきています。次の5番目のスポットに向かう道なのですが、なんか道路っぽくないところを突っ切っているように見える

f:id:bata_sun:20170821192137j:plain
すぐに謎解明! 下に降りる階段がありました

f:id:bata_sun:20170821192209j:plain

f:id:bata_sun:20170821192222j:plain
両側に草が茂っているのですが、住宅地で玄関もある場所です(こんな場所に人が住んでいます)

f:id:bata_sun:20170821192311j:plain
階段の終わりには坂道が続いてて、それを下りていくと

f:id:bata_sun:20170821192403j:plain
やっと普通の道に戻ってきました。正しければ左に曲がったところが『旧東海道』となるはずです。それにしても普通の道を歩いてもいいと思うのですが、なぜこんな場所を歩かせるのか全く謎です

次のスポットはもうすぐですが、彷徨った結果、少し長くなってしまったので一旦終わります(写真も整理中です)。次の記事「横浜西区 新旧東海道の温故知新のみち[北側ぐるっとコース]4」

に続きます

※御礼
 いつも読んでくださり、はてなスターやコメントなどありがとうございます
 ものすごく励みになっております。これからもよろしくお願いします

Copyright © 2016 bata_sun All Rights Reserved.
このブログ中の文章・写真等は著作権フリーではありません
無断転載・複写・使用を禁止します