Bataさんぽ+

路上観察師による撮影した写真で振り返るウォーキング録です。歩いた気分になってもらえた嬉しいです

「田端文士村記念館」にちょっと行ってみた

ブログ訪問ありがとうございます!

なかなかまとまった記事を書くのが大変な時もありますので、「プチ散策」カテゴリーを作ってみることにしました。訪れたスポットをプチッと短く紹介です

第1回は先日参加した駅からハイキング「振り向けば 秋満開の 坂の上 ~坂道散歩~」(西日暮里駅駒込駅)の途中で訪れた場所です

JR田端駅からすぐ近くにある

f:id:bata_sun:20181126183831j:plain
田端文士村記念館」です。

場所はGoogleマップで見るとここです


入場無料ということで、せっかくなので立ち寄って見ました。田端近辺に居た文士についての展示が行われています。普通の展示なのですが、中で1つだけ気に入ったものがあったので紹介します

でも、館内は撮影禁止でした。なので、いただいてきた小冊子を帰宅してからちらっと撮影(紹介のため、この程度はご勘弁ください<(_ _)>)

f:id:bata_sun:20181126184231j:plain
芥川龍之介氏の「田端の家」の復元模型』が展示されています。遠目に見ると普通の家の復元模型なのですが、近くに置かれている、この小冊子を参考にしてみると

・木の上に昇って周囲を眺めている芥川龍之介氏らしき人形
・上から覗くと見える、雑然とした感じが再現されている氏の書斎

が再現されているのがわかります。

偉人などの住居再現モデルでは見られないような、こだわりを感じる作品です。田端駅から近いので、お近くを訪れた際は是非見てください

さて、少しコースを進んでみると、こんな説明板を見つけました

f:id:bata_sun:20181126190208j:plain

f:id:bata_sun:20181126190217j:plain
田端文士村の散策ルートがあるようです。

住居位置の案内は多いのですが、見取り図がある説明板は初めてみました(*゚Д゚)

この日は駅からハイキングでまだまだ先へ行かねばならなかったので、見つけたのはこれ1つなのですが、いつか「田端文士村の散歩道」をきちんと歩いてみたいですね

文士の暮らした住居にこだわりを感じる田端文士記念館でした

※御礼
 いつも読んでくださり、はてなスターやコメントなどありがとうございます
 ものすごく励みになっております。これからもよろしくお願いします
 思うところがあり、コメント返信を現在やめております。予めご了承ください<(_ _)>

Copyright © 2016 bata_sun All Rights Reserved.
このブログ中の文章・写真等は著作権フリーではありません
無断転載・複写・使用を禁止します